Home » おススメ情報 » 『胎児との対話』森野夏海著 アウル企画

『胎児との対話』森野夏海著 アウル企画

category : おススメ情報 2013.11.20 

2002年に出版された〜「胎児との対話」森野夏海著 アウル企画〜

当時書いた江本代表の推薦文を引用してご紹介します。
(以下引用)
前世の記憶をはっきりと持って誕生する子供たちが最近多くなったという事は内外において報告されていますが、この本に報告されているように、お腹の中の胎児が実況中継風に物を伝えてくるというケースは、まだ他にあまりないのではないのではないでしょうか。少なくとも私は聞いた事がなく、この物語のことは、はじめから報告を受けています。その胎児から発せられるメッセージもそのつど原文で知らされています。
そしていつも、ウームこれは本物だと思わざるを得ないような印象を受けて、島まで行ってその胎児のお母さんとも会ってきました。実際に対話するさまも見てきたのです。
(中略)
今では『水からの伝言』を通じて世の中の人たちに多少なりとも影響を与える立場になりましたが、“私たちは宇宙学校の卒業生”として地球に到着したのです。
(中略)
例えば、今年この世に誕生した赤ちゃんは宇宙学校の後輩卒業生ということになります。これはすごいことです。なぜなら、彼らは私たちよりも進んだ情報と可能性を持って今この地球に存在しているということなのですから。私たち先輩がやるべきこと。彼らに期待し、信じましょう。彼らに対して間違った教育を押しつけるのはやまましょう。彼らにのびのびとした自由な環境を与えましょう。そのような場を用意してやることこそが、大人たちの役割だと私は思います。〜
水の惑星、地球に生きる子供たちへ
愛感謝
NPO法人エモトピースプロジェクト
理事長 江本勝

 

 

 

comment closed

寄付はこちらから↓

Sponsored by

Copyright(c) 2013 エモトピースプロジェクト All Rights Reserved.