Home » 最新イベント » 2021年2月26日「体内記憶」池川先生とアルゼンチンのミレイユ先生対談

2021年2月26日「体内記憶」池川先生とアルゼンチンのミレイユ先生対談

category : 最新イベント 2021.5.6 

*「胎内記憶」で知られる池川クリニックの池川明先生とアルゼンチンのミレイユ先生の交流

今年の1月後半に池川明先生にアルゼンチンのミレイユ・ブラン博士をご紹介しました。2月26日の朝7時から8時半まで、池川先生と「胎内記憶教育協会」の方々数名、そしてミレイユ先生が招待したウルグアイのクリニックの先生、胎内記憶を持っていらっしゃる女性、その他数名の方々、中村好子さんはニューヨークからフェイスブックのライブ配信のお手伝いに、そしてロサンゼルスからフミオさんという女性がスペイン語から日本語への通訳のお手伝いに、合計で約15名がズームで参加し、「胎内記憶」について、それぞれの経験や意見交換をしました。日本では産婦人科の医師である池川先生が「胎内記憶」に関する本をたくさん出していらっしゃるので、広く受け入れられていると思います。ですが、南米では「胎内記憶」について知っている人はまだ少ないようです。池川先生や胎内記憶教育協会の方がおっしゃったこととアルゼンチンから参加した胎内記憶を持っている女性の話は一致し、話を聞けば聞くほど、お母さんのお腹にいた時のこと、なぜこの世に生まれてきたのか、お父さんとお母さんを選んできたこと、生まれる前にはどの惑星にいたのかという記憶を持っている人がいること、過去生の記憶を持っているお子さんもいるようだということなど、「胎内記憶」について知ることがとても重要だと感じています。なぜならこれを知ることにより、自分の命はもちろん、すべての命をリスペクトし、大切にするようになりますし、家族や周りの人びとに感謝の思いがわいてきます。特にこれから家庭を築いていく若者たちに広く知っていただきたいと思っています。

次回は4月22日の午前7時から第3回目の座談会を行います。現在南米に「胎内記憶教育協会」を立ち上げようかという話もしています。もちろん、エモトピースプロジェクトも協力していく予定です。

comment closed

寄付はこちらから↓

Sponsored by

Copyright(c) 2021 エモトピースプロジェクト All Rights Reserved.