Home » おススメ情報 » 江本勝より〜エモトピースプロジェクトへのご協力をお願いします!

江本勝より〜エモトピースプロジェクトへのご協力をお願いします!

category : おススメ情報 2014.2.12 

〜エモトピースプロジェクトへご協力をお願いします〜

 

エモトピースプロジェクトというのは、私が2005年5月24日、ニューヨークの国連本部第1会議室で行われた、「科学と意識の霊的な次元に関する国連小委員会」において発表し満場一致で賛同をいただいたプロジェクトのことです。

 

 

その内容は私が1999年に発表しその後世界の多くの方々に共鳴を頂いた水の氷結結晶写真集「水からの伝言」の子供版を作りそれを無償にて世界の子供たちに配布しようというものです。

 

その目的は相変わらず世界情勢は不条理な論理の下にあり、世界平和からは程遠い現実の中にあるわけですが、私はそのような状況を作り出している要因には、まず第1に地球人類にとっての普遍的な教育の欠如があると考えます、

特に生命とは何か? 人とは何か? 人は何のために存在するのか?

といったような哲学的な教育の欠如です。

 

もちろん、その教育のキャリクラムを作ることは至難の業でしょう。色々な宗教に色分けされているこの地球ですからこれを1本に纏め上げようとすることは、ますます人々の間に対立を生むことになるかもしれないからです。

 

しかし、私は25年にわたる「水」の研究の結果、水の中にこそその答えがあると思うようになりました。水は万物の源であることはだれしも認めることですが、驚くべきことにその本質は科学の世界でもほとんど解明されていません。従って世界中の教育現場において水の事はあまり取り上げられておらず、子供たちの水に関しての知識や関心も全く育っていません。

 

生命とは何か?という命題を解決するにはそれが無ければ生命の誕生も維持も叶わない「水」の事をまず理解しなければならないと思います。しかし、世界の子供たちに与えられる教科書は、すべて科学者の手によってその指針が決められていますので、その大事な水の事の説明がほとんど為されていないのです。

 

従って今の子供たちは命と言うものがどのようなものなのかを理解していません。現在世界を支えている大人たちもまたしかりです。ですからいつまでたってもこの世界に平和は来ないのです。

 

私がその著書や講演会において説明している水の本質を示すであろう水の結晶写真技術はまだ残念ながら科学者たちの認めるところではありません。従ってそれらが学校の教科書に採用される時はまだまだ先の事でしょう。おそらく早くても10年後の事だと思います。

 

しかしそれでは遅いのです。このままほおっておいたなら、この間に、この地球の存在そのものを揺るがす何かが起きるような気がしてしようがないのです。

 

ですから私は世界の学校の教科書に私の水の結晶写真が掲載されるまで、その配布を自分の手で行ってゆこうと決意したわけです。

 

それは2006年にまず日本でスタートされました。そしてその運動はその後徐々に世界に広まってゆき,現在では25カ国を越えて協力者が現れ子供たちに配布されています。

しかし、このペースに私は満足していません。予定していたものの半分のペースです。私が元気に世界を駆けまわれるのは現在71歳になりますのであと5年ぐらいでしょう。この5年のうちに少なくとも世界の1割の子供たちに、水の本当の姿を伝える「子供版水からの伝言」を配りたいと思っています。

 

そのような趣旨から、このたび各国にエモトピースプロジェクトの支部を設置することといたしました。

支部の方々は皆さん私の生徒たちであり、その概念を具体的に実践してくれる良き友でもあります。

 

ぜひとも、私の目することをご理解していただき、彼らにご協力いただきたくお願い申しあげます

 

2014年3月

NPO法人 エモトピースプロジェクト

理事長 (水の伝道師) 江本勝

 

comment closed

寄付はこちらから↓

Sponsored by

Copyright(c) 2014 エモトピースプロジェクト All Rights Reserved.